トップページ

渡邊修也とは、コラムニストである。

○概要

主に料理雑誌全般のコラムを手がける。料理本のコメンタリーを務めるなど、幅広く料理本業界に関わっている。
自身も一料理人であり、かつて自分の店を出していた。10代の頃から新しい味を開発することに没頭し数多くの店を巡ってはメモに残しており、そのメモを元に地元の食べ歩き本を出版したところそれが編集者の目に止まり、コラムを書くに至った。

○来歴

・生い立ち
都内の荒川沿いに生まれる。両親が定食屋を経営していたため小さい頃から自然と料理を覚え、高校卒業後に料理の専門学校に通う。
卒業と同時に調理師免許を取得した後、自分の勉強が足りないと感じ一年ほどかけて全国を周り、各地の美味しい食材を調べ舌で覚えた。
30歳の時父の店を受け継ぐが、オリジナルメニューを多数導入したところ地元で話題になり客が日増しに増えていった。
それを皮切りに、地元を中心に複数店舗を展開するようになる。

・デビュー後
子どもが読んでもわかりやすい文章を心がけており、主婦向けの雑誌から親子向けの雑誌など幅広く手がけている。
レシピ本も出版しているがこちらも手間ひまをかける料理集から手軽に作れる10分クッキング集などターゲットによって違う内容のものを書き分けている。

○エピソード

・速筆で有名で、今まで一度も原稿を落としたことはないという。
・料理の味を文字で表すのにどのような言葉選びをしていいか迷い、その結果日本語検定と漢字検定一級を取得するに至った。また、大量に本を読み語彙力を日頃からつけているという。

○スローフードとの関わり

スローフードを広める運動を個人的に展開しており、各種イベントに参加することが多い。

…スローフードとは…

イタリアで提唱された、環境、健康を害さない多様性に富んだ地域の食物、またそれらを見直そうという運動。1986年、イタリア北西部のピエモンテ州ブラで、ファーストフード fast foodによる食の画一化に対する危機感を背景に、食材選び、調理法、食べ方について本来の自然な姿に立ち戻ろうという運動が起こった。
規格・標準化された生産ではなく、その土地土地の風土にあった伝統食文化・農業を大切にするための運動である。

スローフード協会という団体もあり、イタリア/ブラに本部がある、スローフードの理念に賛同する会員が所属する国際的なNPOで、1989年に設立された。現在世界150ヶ国に1,300以上の支部(コンヴィヴィウム)を持ち、10万人以上が参加している。


  • 最終更新:2014-12-24 10:50:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード